PHILOSOPHYモジックの考え


Mogicという会社を通じて、何か「価値」を感じていただけるようになりたいと考えています。

ユーザビリティでも、ビジネスモデルでも、人事育成でも、
僕らがチームで試行錯誤しているプロセスを リアルタイムにお伝えしていきます。

代表取締役 山根陽一

thinkingシンキング

時間どろぼうと、ゴリラからの警告2018.08.17

最近、ミヒャエル・エンデの「モモ」に関する話によく出くわします。時間どろぼうというタイトルからすでにピンと来られた方も多いと思います。モモをネタバレしない範囲でwikipediaより引用しますと

ーーーーーーーーーー
モモ
https://ja.wikipedia.org/?curid=5266
イタリア・ローマを思わせるとある街に現れた「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男たちによって人々から時間が盗まれてしまい、皆の心から余裕が消えてしまう。しかし貧しくとも友人の話に耳を傾け、その人に自信をとりもどさせてくれる不思議な力を持つ少女モモが、冒険していくストーリー
ーーーーーーーーーー

そんな中で、モモにもふれた興味深い本に出くわしたのでこちらも一部引用します。

ーーーーーーーーーー
ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」
http://mainichibooks.com/books/science/post-562.html
時間はコストであり、金に換算できるという考え方である。しかし、物資の流通や情報技術の高度化を通じて時間を節約した結果、せっかく得た自分だけの時間をも同じように効率化の対象化にしてしまった。自分の欲求を最大限満たすために、効率的な過ごし方を考える。映画を見て、スポーツを観戦し、ショッピングを楽しんで、ぜいたくな食事をする。自分で稼いだ金で、どれだけ自分がやりたいことが可能かを考える。でも、それは自分が節約した時間と同じ考え方なので、いつまでたっても満たされることがない。そればかりか、自分の時間が増えれば増えるほど、孤独になって時間を持て余すようになる。それは、そもそも人間がひとりで時間を使うようにできていないからである。

中略

仲間に自分の時間をさしだし、仲間からも時間をもらいながら、互酬性にもとづいた暮らしを営んできたのだ。幸福は仲間とともに感じるもので、信頼は金や言葉ではなく、ともに生きた時間によって強められるものだからである。

世界は今、多くの敵意に満ちており、孤独な人間が増えている。それは経済的な時間概念によってつくりだされたものだ。それを社会的な時間に変えて、いのちをつなぐ時間をとりもどすことが必要ではないだろうか。ゴリラと同じように、敵意はともにいる時間によって解消できると思うからである。
ーーーーーーーーーー

Mogicを運営していく中で、最も重要な課題だと捉えているのが「人が感じる、今日の充実感」です。時間を忘れるほどの何かが今日会社にあれば、それで合格だと思っています。

朝礼もなく、決起集会もなく2018.07.20

会社がある程度年数を経過し、組織化が進んでくると実施されるものに、朝礼、決起集会、合宿、クレドやミッションづくり、多面的フィードバック、表彰式などがあります。さらに、組織/個人ごとに3ヶ月、6ヶ月のコミットメントと評価など組織の健全性を図るモノサシが導入されることがあります。

Mogicは設立されて10年弱になり、組織化され、人数も増えてきましたが、一度もそれらをやったことがありません。おそらく将来もないと思います。それをしなくとも、残業せず、新しいことを学びつづけ、休みたいときに休み、休んだ人のために自動的に周りでフォローアップし、サービスをブラッシュアップし、コストを抑え、価値を作ることに集中できていると感じています。

組織化のもたらすものは何か?管理する側からみれば、人が増えた分だけパワーはでるが、バラけやすいのでコントローラブルにしたいという欲求でしょうし、働く側からみれば、安心感は出てくるものの、自分らしくやってる感は薄れるということだと考えています。Mogicとしては、組織化しながらも、コントローラブルな部分を減らし、個々が自律的に考えてチームとして連携して動ければなあと思っています。

インターン生を受け入れる理由2018.06.28

とてもありがたいことに、Mogicには年間150人以上の学生がインターンの面接にやってきます。しかもそのインターンの募集条件がサマーインターンのように短期ではなく、長くじっくりしたもので、現在在籍している学生の最長は丸4年です。たまにそれってインターンなんですか?とも言われます。

インターン生を受け入れる理由はいくつかあり、不謹慎かもしれませんが、僕らが持っている知恵をシェアしたり、それについて議論したりすることがやっぱり楽しいということです。教える楽しさ、教わる楽しさ、お互いの知らない情報を持ち寄る楽しさ、少しずつ成長していく楽しさ。

仕事って、大変なことを我慢してきっちりやるという、暗黙のイメージがあったりします。それがどうにもイヤなので、そうでない雰囲気でも仕事ができることを分かち合いたいのかなと。

過去の記事を見る