PHILOSOPHYモジックの考え

インターネットを使ったサービスを提供しています。

ネットの良さは、猛烈に育つ熱帯雨林のようなところで、音を立てずに恐ろしい勢いで拡大していきます。そういう時代に生きて、人のために何ができるか、いつも議論しています。

代表取締役 山根陽一

thinkingシンキング

アルパイン・スタイル2018.02.19

登山用語として「アルパイン・スタイル」というものがあります。Wikipediaから引用すると

ーーーーーーーーーーーーーーー
アルパインスタイル(英語: Alpine style、アルプス風登山)とはヒマラヤのような超高所や大岩壁をヨーロッパ・アルプスと同じような扱いで登ることを指す登山スタイル・用語。大規模で組織立ったチームを編成して行う極地法とは異なり、少人数でベースキャンプを出たあとは一気に登り、下界との接触は避ける。また、サポートチームから支援を受ける事もないし、あらかじめ設営されたキャンプ、固定ロープ、酸素ボンベ等も使わない、装備に極力頼らず、登る人の力にのみ頼ることを最重要視して行う登山スタイルである。
ーーーーーーーーーーーーーーー

Mogicの運営方針とは抽象的にはこのアルパイン・スタイルなんだなと思います。つまり、登る山=プロジェクトに対し、リスクとリターンを最大限ギリギリまで考えて、最後は来たるべき時にトライして、途中で考え直して、またトライする。こうした日々がすべてです。

今日をたっぷり楽しむという文化2018.01.31

最近、社内で「そういう文化だよね」とか「そういう風にしていくのが、うちの文化だから」ということをよく耳にするようになりました。例えば、ある職種だからといって、その仕事だけしかしないというのはなく、いろいろやります。エンジニアだけど、ディレクションしたり、デザインにモノ申したりは当たり前で、イベント管理部でサプライズを演出したり、価格戦略にもアドバイスしたり、マーケティングのイベントに参加したり、利益率の話にコメントしたりします。

今日をたっぷり楽しむのが一つの方針なので、職種にとらわれて選択肢を減らすのが面白くないなというのが文化になっているようです。ふと振り返ると、5年前に投稿した記事に以下のようなものがありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会社という文化圏 2012.05.28

会社は確かに法律で定義されてはいますが、器ですので
どのような方向にも経営していことができます。

そういう自由度がある中で、会社とはどういう存在であるべきなのかと
考えたときに黒ビールを作る会社の書籍「ギネスの哲学」に
書いてあったことをふと思い出しました。

-------
企業というものは、それが生みだす文化によって評価されなければならない。

そう文化だ。文化とは「成長を促進するもの」であり
「そこから触発されるふるまいと考え方」を意味する。
一つの企業がどれほどりっぱで高邁であるかはコマーシャルに謳っているものには現れないし、
ましてや採用したマスコットとか、あるいは掲げているスローガン等に示されるわけではない。

最も重要な指標は、そこに属する人々がどんな暮らしをする気になったか、ということだ。
-------
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが少しは実ってきたのかなと感じています。

セールスとエンジニアのベッタリ2017.12.28

世の常として、販売する側=セールスと、作り手側=エンジニアやデザイナーなどは仲が悪くなりがちです。おそらくセールス側の論理でいえば、こっちは外の厳しいクライアントと向き合って頑張ってるんだ!という自負があり、エンジニア側の論理でいえば、システムにミスがあったらすべて自分たちの責任(後がない)なんだから確実にやる!という気持ちがあると思います。

そういう中で、セールスチーム単独、エンジニアチーム単独でがんばりすぎていると深い溝ができ、少なくとも「いいものを作っていこう」という雰囲気は失われてしまいます。Mogicはどうなんだろうと思って、観察していると、セールスは1日のうち会社にいる時間の半分以上はエンジニアの横でベッタリしているようです。そしてその3割ぐらいが単なる笑い話です。こういうのも悪くないかなと思って、会社は運営されています。

過去の記事を見る