PHILOSOPHYモジックの考え


Mogicという会社を通じて、何か「価値」を感じていただけるようになりたいと考えています。

ユーザビリティでも、ビジネスモデルでも、人事育成でも、
僕らがチームで試行錯誤しているプロセスを リアルタイムにお伝えしていきます。

代表取締役 山根陽一

thinkingシンキング

薄く塗り重ねる2018.11.23

Mogicは石神井公園という土地柄か、のんびりしています。どうのんびりしてるかといえば、何かをはじめると最初はショボショボのものができて、1年間あれこれいじって、2年も、3年も、4年もと1人前のものにするのに4年以上かけているからです。だからか、最初から完璧なものを作ろうと気負うことはありません。気負った方がいいこともありそうですが、メンバがのんびりライフを満喫したい方なのでそれは難しいということもあります。

1人ではじまった会社に徐々に人が増え、ある時から会社全体について議論する経営会議をはじめました。この会議は、今では200回を超えそうです。eラーニングシステムLearnOの定例会議はおそらく300回を超えていると思います。コロッケで地域の人と語り合う夕べの会も5回目、会社の設備を作る木工部も5年目、コーヒー豆を焙煎するのは2年目などなど。その間、ずっと地道な前進を続けています。ほんのちょっとの進みでもいいので、前に進むようになっています。

人材採用も、教育も、サービスも、働く環境も、あらゆるものを毎週少しでもいいので、薄く薄く塗り重ねることが本当の競争優位なんじゃないかなと思ったりします。

働く地域(石神井)とともにある2018.10.25

IT企業はとかく、会社のあるエリアとのつながりが弱くなるものです。なぜなら、会社の前を歩いている人に何かを販売する訳でもなく、目に見えるものを取り扱っている訳でもないからです。

ランチにお店にいき、お店で飲み物を買ったりしますが、つながりという意味では本当にあるのかなと。一方で働いている地域と無理に絡む必要はないんじゃないかという話もありますが、それでもジャンジャンからんだ方がいいと思っています。

やっぱり人なので何気なく歩いていて、同じ地域で働いている人に出会ったら挨拶したいですし、働いているエリアで似た気持ちを持った人と今の雰囲気を分かち合いたいですし、ココらで働く楽しさを自慢しあいたいですし。

会社は営利目的なので、働く人、クライアント、パートナーで完結しがちになります。でも、ココという場所で活動させてもらっていることも大事にしたい気持ちの一つです。

狭いスペースで、組み立てる2018.09.25

広いスペースがあり、豊富に資材があって、組み立てるのはとても楽です。自然といろいろなことを考えなくていいからです。しかし、スペースが狭く、資材に限りがある場合に、組み立てるのはいろいろなことを考慮してバランスをとって試行錯誤しなければならないため、難しい作業になります。どちらがより、新しい価値を生み出せたか、今までにない知見を生産できたかでいうと、後者かなと思っています。

これは一つの抽象的な例で、アポロ宇宙計画を事例として当てはめますと、広いスペースがあったか、時間的に余裕があったか、豊富に資材があったかでいうとそうではなかったと思います。だからこそ、様々な工夫をコンパクトなスペースで実現する必要があり、それが限界に挑む人の素晴らしさなのかとも感じます。

会社とは何か?会社で仕事をするとは何か?狭いスペースにしておくからこそ、よりクリエイティブになれることが多いと思い、コンパクトに畳んでおくことを大切にしています。

過去の記事を見る